黒島結菜は演技が下手な原因は7つ!役作りが足りないと炎上!

スポンサーリンク
黒髪の黒島結菜 女優
スポンサーリンク

黒島結菜さんは、「ちむどんどん」のヒロインを演じたことで話題になりました。

「時をかける少女」で主演を演じて注目されてから、朝ドラに「スカーレット」や「ちむどんどん」などに続けて出演していて、テレビ業界では期待の女優さんなんですね。

しかし、視聴者からは「演技が下手」と言われています。

TBSドラマの「クロサギ」のヒロイン役に抜擢されると、さらに「なんで黒島結菜が選ばれるの?」と疑問を持つ人もいるようでした。

そこで、今回はなぜ黒島結菜が演技が下手と言われ、黒島結菜がクロサギのヒロインだと批判されるのか調べてみました。

スポンサーリンク

黒島結菜は演技が下手と言われている原因7つ

黒島結菜さんは、特に今回のNHKの朝ドラで演じたちむどんどんの比嘉暢子役で、「演技が下手」と言われているようです。

Twitterでは、『#ちむどんどん反省会』というハッシュタグができていて、暢子役に対してよく思っていない意見がありました。

今回は、その理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

声が大きい 

黒島結菜さんの声が大きく、うるさいと感じている人が多いようです。

今までは元気いっぱいの役を演じることが多かったからか、ちむどんどんでの役柄と神妙なシーンでの、声のトーンが合っていないと言われています。

スポンサーリンク

棒読み

セリフが棒読みに聞こえるので、不自然な演技に見えるという意見もありました。

今回の暢子役が沖縄の方言がある役だったので、抑揚をつけにくくやりにくかったのかもしれません。

スポンサーリンク

表情の変化がない

セリフがない時の表情が変わらず、シーンに対しての表情の作り方が演出と合っていないのではないかと言われています。

表情だけで、感情を入れ、思いを伝えるのは難しいことだと思いますが、そこまで追求してほしいという視聴者の期待の裏返しなのでしょう。

スポンサーリンク

演技がぎこちない

ちむどんどんの暢子は料理人の役でした。

料理シーンも多くあったわけですが、「箸の持ち方が変」「たまねぎの剥き方が遅い」「包丁の使い方が下手」と所作が役になりきれていないという厳しい意見がありました。

確かに、作品のイメージが壊れてしまうので、女優さんならセリフや表情だけでなく、料理人の役をもっと作り込んでほしいですよね。

スポンサーリンク

雰囲気が地味

黒髪で、キリッとした眉が印象的で、クールなイメージがあるため、ヒロインとして華やかさが足りないと思う人もいるようです。

きっと、元気いっぱいのキャラクターを演じることが多かったため、黒島結菜さんのクールな印象と合わないということでしょう。

スポンサーリンク

演出と合っていない

黒島結菜さんの演技が悪いのでなく、「キャスティングがそもそも合っていないのではないか」「脚本がおかしいのでは」とも言われています。

作品の役に、イライラしたり、不満に思う気持ちがそのまま黒島結菜さん本人への印象になってしまっているのかもしれません。

スポンサーリンク

いつも同じ演技

セリフや表情についても触れましたが、「目の表情も変わらないからいつも同じ演技に見える」と思われているようです。

黒目が大きいせいなのかもしれませんが、目の奥が笑ってなかったりすると冷たい感じがしたり、感情がわかりにくいですよね。

スポンサーリンク

黒島結菜がクロサギのヒロインだと批判される?

7つの理由を考えると、確かに視聴者は作品の面白さではなく、一つひとつの黒島結菜さんの演技が気になってしまう人もいるのではないかと思います。

平野紫耀さんが主演の、TBSドラマ「クロサギ」のが黒島結菜さんだと予想する人が多くいました。

すると、ジャニーズでファンも多くいる平野紫耀さんとの共演をよく思わない人がいるようです。

やはり、演技の部分で心配になる方もいるようですね。

その一方で、クールな役柄を演じることに対して、黒島結菜さんに合うのではないかという意見もありました。

クロサギは、以前に山下智久さんと堀北真希さんが演じたことで一度話題になっている作品なので、期待をしているファンも多くいるのが事実です。

また、「共演者キラー」と言われているのも、ひとつの原因のようです。

気になる方は、こちらもご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、朝ドラ「ちむどんどん」で話題になった黒島結菜さんの演技についてまとめました。

セリフや表情がいつも同じ演技だと感じるという方が多くいました。

作品を楽しみにしている方からすると、箸の持ち方などの役作りはしっかりしてほしいというところなのでしょう。

ですが、本当に演技が下手なのであればドラマに続けてキャスティングされることもないと思うので、原因は脚本や演出にも問題がありそうです。

クロサギのヒロイン予に名前が上がると、暢子役からの延長で「嫌だ」という口コミもありました。

クロサギのヒロインは黒島結菜さんのクールビューティーなイメージに合う役柄だと、個人的には思うので挽回できるチャンスなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました