村田兆治は病気で認知症?火事と暴行事件の原因になった可能性が高い?

スポンサーリンク
元プロ野球選手の村田兆治 スポーツ
スポンサーリンク

元プロ野球選手の村田兆治さん、72歳。

2022年11月11日の午前3時半頃、東京都世田谷区の村田兆治さんの自宅で火災が発生。

意識不明の重体で搬送され、その後亡くなりました。

村田兆治さんは、2022年9月に暴行事件を起こし、逮捕されていました。

実は病気で認知症だったのではないかと言われています。

村田兆治さんの認知症の可能性と、火事と暴行事件の原因になったのかについて調べました。

スポンサーリンク

村田兆治は病気で認知症だった?

村田兆治さんが、病気だったのかはわかっていません。

しかし、病気で認知症だったのではないか、という噂がありました。

暴行事件の際に、村田兆治さんは、亭主関白だったと報道されていました。

しかし、プロ野球選手として表舞台に長く立っていた人が、身内に対しての態度と同じことをするのでしょうか?

72歳と高齢だということもあり、違和感を覚える人が多かったようです。

スポンサーリンク

村田兆治の自宅の火事の原因は?

火災の原因はわかっていません。

村田兆治さんの死因は、煙を吸ったことによる一酸化炭素中毒とみられています。

乾燥しやすい時期で、火事が多くなってくる季節ですよね。

しかし、ストーブなどを付けるには早すぎるように思います。

出火元はわかっていませんが、タバコやガスコンロの火の不始末ではないかと言われています。

認知症の初期症状の一つに、理解力・判断力の低下があります。

・買い物の支払い計算ができなくなる

・周囲の会話のスピードについていけず、理解が難しくなる

・今までできていた家事や料理ができなくなる

これらの症状は、認知症の初期症状である理解力・判断力の低下によって起こるものです。

理解力・判断力が低下することにより、料理や家事の順序が曖昧になってしまいます。
また、自分が置いた物が常に同じ場所にないと覚えておくことが困難になります。

引用:健達ネット

もしかすると、普段できていたことができなくなって、火災に繋がってしまった可能性はありそうです。

スポンサーリンク

暴行事件の原因は認知症?

村田兆治さんは、2022年9月に羽田空港の保安検査場で、女性検査員の肩を押すなどして逮捕されています。

現在も任意での捜査が続いていたということなので、真相はわかりません。

釈放された際には「暴力だと言われた女性の腕を押したということでの逮捕。もう1度、彼女に誠心誠意謝りたい。それが第一」と語り謝罪。「たくさんのファンの方々、子どもたちに、イベントなどで、夢を持って希望を持って頑張れと言っていることに関して、今回の私の逮捕は非常に遺憾だと思いますし、あらためて深くおわびしたい」と深く反省していた。

引用:日刊スポーツ

暴力だと言われた女性の腕を押したということでの逮捕。もう1度、彼女に誠心誠意謝りたい。それが第一」と話しています。

暴力だと言われた女性の腕を押したということでの逮捕

この言い回しが、少し他人事のような気もしてしまいます。

自分でもよくわからないうちにやってしまった、という可能性はありそうです。

認知症の初期症状には、人格が変わるということがあるようです。

・怒りっぽくなり、大声を上げる

・暴言を吐いたり、暴力を振るう

・落ち込む

このように、人柄が変化することも認知症の初期症状の1つです。

感情を制御する機能が低下し、自分で感情をコントロールすることが困難になります。
そのため、思うままの感情で周囲の人に接してしまいます。

引用:健達ネット

自宅に一人だったということで、調べてみると、奥さんとは別居中だったようですね。

もし、村田兆治さんが認知症だったとしても、身の回りのことができるくらい初期の症状だったのではないでしょうか。

真相はどうだったのでしょうか。

『マサカリ投法』が有名な村田兆治さん。

プロ野球選手として残された経歴は、輝かしいものでした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました