奥野晃士とは何者?大道芸ワールドカップの差別発言で炎上!

スポンサーリンク
奥野晃士 芸能人
スポンサーリンク

2022年11月に、『大道芸ワールドカップ』が静岡市で開催されます。

そのプロデューサーを務めている奥野晃士さんの発言が、炎上して話題になっています。

舞台俳優をしている奥野晃士さんとは、どんな人なのか、発現の内容、ネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

舞台俳優の奥野晃士って何者?

奥野晃士
引用:Instagram

【名前】 奥野 晃士(おくの あきひと)

【年齢】 不明

【職業】 舞台俳優

【経歴】

2000年 SPAC-静岡県舞台芸術センターに所属。

2014年よりスイスに移住し、舞台演出、出演の他、演劇講師としても高く評価される。

2018年には静岡県立大学より地域みらいづくりフェローの称号を授与される。

2021年に SPAC入団20周年記念冊子『衆生皆役者〜Artistic Trickle-Down〜』を出版。

奥野晃士オフィシャルサイト
スポンサーリンク

大道芸ワールドカップの発言でなぜ炎上?

奥野晃士さんは、大道芸ワールドカップのプロデューサーをしています。

今年は静岡で行われるようです。

奥野晃士さんが用意した資料を、ボランティアスタッフ向けに配布すると、差別とも取れる内容があったようです。

資料では「2022年は日本人パフォーマーによる日本人らしい祭典を目指す」として、Wikipediaに記載の内容をもとに日本人について「日本列島に居住する民族(大和民族、アイヌ民族、琉球民族)を血統に持つ人」などと定義していました。  そのほか、資料には「Y染色体グループから推定される日本人の成立史」「日本人の特徴」などの項目があります。日本人は礼儀正しさや規律があるとして、「私たちに自然と身についているこの教えは、実は『武士道』が起源なのです」などと持論を展開する項目も見られました。

引用:ねとらぼ

こちらを見たスタッフから、意見があり発覚したようです。

スポンサーリンク

奥野晃士のTwitterコメント

本人がTwitterで謝罪しています。

10月6日に実行委員会が見解を発表するそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応

どうやら、奥野晃士さんが所属しているSPAC-静岡県舞台芸術センターにも苦情があるようです。

そもそもの、人選ミスだったという意見もありました。

プロデューサーとしての考え方が、大道芸ワールドカップの理念とは異なるようです。

10月6日に、実行委員会が見解を発表するようなので、詳しくわかったら追記していきます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました