りゅうちぇるの離婚理由は?性自認は学生時代からだった?

スポンサーリンク
金髪で青い服のりゅうちぇる 芸能人
スポンサーリンク

2022年8月に、peco(ぺこ)さんと離婚を発表したryuchell(りゅうちぇる)さん。

おしどり夫婦として、取り上げられることも多くありましたね。

2018年に第一子のリンクくんが生まれると、『イクメン オブ ザ イヤー2018』を受賞しています。

育児にも積極的で、家族3人仲良く過ごしているイメージが多かっただけに2人の離婚は反響が大きいです。

今回は、そんな2人がどうして離婚することになったのか、性自認と言われているが、そもそもいつからわかっていたことだったのか調べてみました。

スポンサーリンク

りゅうちぇるの離婚理由は性自認?

「8年前にてこと出逢い、僕はてこを好きになりました。女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事でした。」

ryuchell公式Instagramより

そんな中、メディアで自分のこれまでの生き方や、”夫”としての生き方についてお話しさせていただく機会が増えていく中で、”本当の自分”と、”本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました。

これまで皆さまに多様な生き方を呼びかけてきた僕なのに、実は僕自身は、”夫”らしく生きていかないといけないと自分に対して強く思ってしまっていました。”夫”であることは正真正銘の’’男”でないといけないと。

父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、’’夫’’であることには、つらさを感じてしまうようになりました。

ryuchell公式Instagramより

はっきりとした言葉ではありませんが、

『女性を好きになることが、僕の人生の中で初めてのことでした』ということ。

『’’夫’’であることには、つらさを感じてしまうようになりました。』と話しています。

このことから、世間では「抽象的すぎて理由がよくわからない」と混乱している人が多くいるようです。

今までの恋愛対象が男の人だったということなんでしょうか。

しかし、ぺこさんと結婚し、子供まで授かっているので、男の人だけが恋愛対象だったとは言い切れなさそうです。

法律上は離婚をしていると、所属事務所が発表しました。

そして今後は、人生のパートナーとして、家族3人で暮らしていくと話しています。

色々な憶測が飛び交う中で、ぺこさんが発表後に改めてコメントしています。

たかが戸籍かもしれませんが、息子にもはっきりと胸をはり法律上でも家族なんだと、そして、りゅうちぇるの決断や勇気は生半可なものじゃないんだと示すためにも、戸籍上でも、夫婦ではなくしても家族という枠にいられるよう、今最善の方法を見つけて進めようとしているところです。

peco離婚後初コメント「りゅうちぇるの決断や勇気は生半可なものじゃない」 (msn.com)

今はりゅうちぇるさんの思いを受け入れて、新しい家族の家族の形を探していく途中なのでしょう。

スポンサーリンク

りゅうちぇるの学生時代は?

メディアで自分のこれまでの生き方や、”夫”としての生き方についてお話しさせていただく機会が増えていく中で、”本当の自分”と、”本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました。

ryuchell公式Instagramより

りゅうちぇるさんは、ぺこさんと結婚する前からわかっていたことだったのではないかという声も多くありました。

高校の同級生は、りゅうちぇるさんとぺこさんが結婚を発表した時、このようなコメントをしています。

高校時代のりゅうちぇるはバスケットボール部のマネージャーを務め、現在テレビで見るのと変わらない中性的なキャラクターだったようです。イケメンなのに彼女はおらず、女のコのような扱いを受けていたそうで、女子と一緒に遊びに行き、家にもお泊まりなんてことも。なので、女の子と付き合うのはもちろん結婚という姿は、同級生でも全く想像できなかったようです

りゅうちぇるの結婚に同級生が驚き?学生時代から想像できず – ライブドアニュース (livedoor.com)

女友達が多かったという、学生時代を知る友人からすれば、りゅうちぇるさんが自分自身の中のギャップに耐えられなくなるというのも想像できるのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました