坂口杏里の生い立ちまとめ!幼少期の家庭環境が悲惨だった?

スポンサーリンク
黒い服の坂口杏里 芸能人
スポンサーリンク

2022年6月に結婚を電撃発表した坂口杏里さんですが、わずか2ヶ月で離婚を発表したり、なにかと世間を騒がせていますね。

そこで今回は、度々話題になる坂口杏里さんの幼少期はどんな生活を送っていたのか、母 坂口良子さんの他に家族はいるのかなど、生い立ちについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

坂口杏里の生い立ちは?

1991年3月3日 誕生

坂口杏里さんは、1991年3月3日に女優の坂口良子さんと、当時、『地上げの神様』と呼ばれていた不動産業を営む、田山恒彦さんとの間に生まれました。

坂口杏里さんには、2歳上のお兄さんがいます。

また田山恒彦さんは、再婚で19歳の娘がいました。杏里さんの異父姉妹ですね。

幸せな結婚生活も長くは続かず、その約1年後、バブル崩壊後に会社が倒産してしまいます。

しかも、母 坂口良子さんは、知らない間に借金の連帯保証人になってしまっていて、預金も引き出されてしまっていたそうです。

借金の総額は、40億円と言われています。

スポンサーリンク

1994年 両親が離婚

1994年、坂口杏里さんが3歳の時に離婚し、膨大な借金を背負うことになります。

そうして、幼い杏里さんは、お兄さんと一緒に祖母に預けられて寂しい幼少期を過ごしました。

突然、母親から引き離され、寂しかった杏里さんは、「行かないで」と泣いて訴え、仕事に行くことができないようにカバンを隠したりすることがあったようです。

スポンサーリンク

1997年 母 良子さんがプロゴルファーの尾崎健夫出会う

母 良子さんは、1997年にプロゴルファーの尾崎健夫さんと出会い、 再婚を意識している真剣交際が発覚します。

ですが、思春期だった杏里さんは、「お母さんのことを取れられてしまう!」と思い、猛反対しました。

「家から出ていけ」と怒鳴ったり、尾崎健夫さんと母の写真を破ったりしていたそうです。

杏里さんの反対以外は、順調なお付き合いだったようですが、娘の気持ちを尊重し、10年以上の事実婚状態に。

スポンサーリンク

坂口杏里さんの学校は?

小学校・中学校は、成城学園。

高校は、堀越高校の芸能コースともいわれているトレイトコース。

同級生には、福田沙紀さんなどがいます。

小学校から成城学園なら、そのまま高校も進学すればいいのではと思いますが、中学の成績がほとんど1で、進学できなかったようです。

この頃からすでに、杏里さんの荒れた生活は始まっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

2008年 坂口杏里さん芸能界デビュー

2008年には杏里さんが芸能界デビューします。

きっかけはモーニング娘に憧れたことだったようです。

初めから、坂口良子さんの娘だと公表していて、親子でテレビ出演もしていました。

お小遣いも高額だったり、その様子から、かなりの親バカっぷりが話題になりました。

スポンサーリンク

2012年 母 良子さんは尾崎健夫さんと結婚

2012年8月10日、母 良子さんは尾崎健夫さんと結婚しました。

ようやく、杏里さんも母親の幸せを考えられるようになり、尾崎さんを家族として認められるようになったんですね。

TBSの『ぴったんこカンカン』でも披露宴の様子が放送され、話題になりました。

それまでは、「おじさん」としか呼べなかったようですが、披露宴で「お父さん」と呼び、尾崎さんが号泣していました。

スポンサーリンク

2013年3月に母 坂口良子さん 他界

ここから、家族としての幸せを掴もうとしていた矢先、再婚の7ヶ月後、2013年3月に坂口良子さんが57歳という若さで他界。

死因は、横行結腸ガンと肺炎でした。

杏里さんは、母親がガンで闘病していたことを、亡くなる2日前まで知らなかったそうです。

最期に会った時には、話すことができない状態で、杏里さんは「なんで教えてくれなかったんですか」と泣いたようです。

スポンサーリンク

その後の坂口杏里さんと家族の関係

母の病状を知らせてもらえなかった杏里さんは、尾崎さんに対しての気持ちが離れてしまいます。

母 坂口良子さんは、生前に「子供たちのことをお願いします」と話していたようです。

そして、尾崎健夫さんは良子さんとの思い出の居酒屋に杏里さんを誘うなどして、再び家族としての絆を構築しようとしました。

しかし、母親を失った悲しみからか、セクシー女優デビューや交際相手とのトラブルで逮捕されたりとしていく中で、今では疎遠になっているようです。

異父姉妹の姉は、父親は同じとはいえ年も離れていますし、3歳の時に両親が離婚しているので、ほとんど家族という意識はないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

母親が亡くなったことがきっかけで、目まぐるしい変化があり、色々と話題になる坂口杏里さん。

両親が離婚をしたり、一番そばにいてほしかったお母さんが仕事で忙しく、幼少期に寂しい思いをされていたんですね。

その気持ちが解消されないまま、お母さんの坂口良子さんに新しく、尾崎健夫さんという恋人ができ、母親への依存心や独占欲に拍車がかかってしまったのかもしれません。

現在の坂口杏里さんの言動は幼少期の環境が影響しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました