親愛なる僕へ殺意をこめては打ち切り?5つの理由は怖くてグロいから?

スポンサーリンク
親愛なる僕へ殺意をこめての拷問シーン ドラマ
スポンサーリンク

Hey!Sey!JUMPの山田涼介さんが、主演のドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』。

1話が終わり、グロすぎて、最終回まで行かず、打ち切りになるのではないかと言われているようです。

今回は、なぜなのか理由を調べてみました。

スポンサーリンク

【ドラマ】親愛なる僕へ殺意をこめてが打ち切りの理由 5選

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』が、打ち切りになるのではと噂されています。

人気アイドルの山田涼介さんが主演なので、視聴率も期待できるのではないかと思うのですが、どうしてなんでしょう。

その理由について、調べてみました。

スポンサーリンク

その1:拷問シーンがグロすぎる

拷問シーンが多く、グロテスクだと言われています。

視聴者も、見ているのが辛くなるほど、リアルな拷問シーン。

見るのを途中でやめてしまったという人も。

「子供には見せられない」という意見もあり、打ち切りになるのではないかと言われています。

スポンサーリンク

その2:痛々しいシーンが多い

拷問シーンが多いので、痛々しい場面が多いことが理由の一つのようです。

想像してしまって、痛々しくなる人もいるようです。

続きが気になってしまうけれど、見ていて感情移入してしまい、自分も体が痛くなる人もいるようです。

ドラマなので、お芝居でやっているとわかっていても、痛さを想像してしまいますよね。

スポンサーリンク

その3:原作と違う

原作の内容と違うことが指摘されています。

原作の漫画は、累計120万部を超えるロングヒットセラーなんです。

それだけにファンも多くいる作品なだけに、厳しい意見があるようです。

原作では、彼女を不良から守ることで、交際がスタートします。

しかし、ドラマでは、すでに彼女がいる設定になっています。

ドラマは、期間が決まっているので時間の都合上、仕方ないのかもしれませんが、視聴者は気になるようですね。

「真明寺麗」という人物がいるのですが、ドラマには出演していません。

「重要人物だったのでは?」という意見もあり、いないことで上手くいくのかと不安の声もあり、打ち切りの噂の原因になっています。

結末のネタバレについてはこちら。

スポンサーリンク

その4:展開が早すぎる

漫画の内容と比べてみると、展開が早く、切られている部分も多く不満もあるようです。

漫画については、後ほど、詳しく後述しますが、原作は97話あります。

このボリュームを、1クールのドラマでできるのかと思う視聴者がいるようです。

時間の限られた中で、どこまで再現できるかが、視聴率にも繋がりそうです。

再現できなければ、視聴率も下がり、打ち切りになるのではと言われています。

スポンサーリンク

その5:トラウマになる

グロテスクなシーン、拷問シーンで、トラウマになるという意見があります。

1話を見て、「こんなにグロいシーンがあると思わなかった」「テレビでやっていいのか」と見たことを後悔している人がいました。

トラウマレベルで、漫画の拷問シーンなどが、リアルに表現されているということでしょうが、『怖い』と感じる人も多いようです。

スポンサーリンク

【漫画】親愛なる僕へ殺意をこめてが打ち切り?

漫画は、全11巻・全97話で完結しています。

つまり、漫画は打ち切りになっていないんです!

打ち切りだと思われる原因は何か考えていきます。

  1. 検索予測ワードに、「親愛なる僕へ殺意をこめて」が出ているから
  2. 人気にもかかわらず、11巻で終わっているから
  3. グロテスクすぎたから
  4. 「週刊ヤングマガジン」から「コミックDAYS」に移籍して連載しているから

どうやら4つの理由が考えられるようです。

検索予測ワードになってしまったのは、グロテスクすぎて、ドラマを見た視聴者が「これは打ち切りになるのでは?」と思った人が多くいたからだと思います。

累計120万部の人気漫画であれば、もっと続いてもいいのではないかと思う人もいるようです。

しかし、人気であっても、コナンやワンピースのように話が続いていく漫画ばかりではないので、11巻は普通のことなのではないでしょうか。

人気アイドルの山田涼介さんを楽しみに見るファンも多くいるので、引き続き注目が集まりそうです。

ドラマは原作をどこまで、再現していくのか今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました