滝沢歌舞伎2023はどうなる?6つの可能性で中止や井ノ原歌舞伎に?

スポンサーリンク
滝沢秀明の横顔 ジャニーズ
スポンサーリンク

2022年10月31日に報道があった、滝沢秀明さんのジャニーズ事務所の退社、退任。

ファンの間では、動揺が広がっています。

滝沢秀明さんがプロデュースしていた、『滝沢歌舞伎』はどうなるのでしょうか。

今後の可能性を調べました。

スポンサーリンク

滝沢歌舞伎はどうなる?

滝沢秀明さんの退社で、『滝沢歌舞伎』はどうなるのかと心配する声があがっています。

『滝沢歌舞伎』については、まだなにも発表はありません。

ファンからも、滝沢秀明さんに対して労いの言葉がある一方で、このまま続けられるのかと不安視されています。

スポンサーリンク

滝沢歌舞伎はどうなるのか6つの可能性

その1:2023の滝沢歌舞伎は中止

滝沢秀明さんが退社してしまったので、中止するのではないかと言われています。

『滝沢歌舞伎』から、『スーパー滝沢歌舞伎』とレベルアップしました。

その中心人物と言える滝沢秀明さんが、いなくなってしまったのでは何もできないのではないかと不安に思う人がいるようです。

実際に、新型コロナウイルスの影響で中止になった過去もあります。

2023年の『滝沢歌舞伎』については、2023年1月頃からチケットの申し込みが開始。

2023年5月頃より、公演が開始すると言われていました。

チケットの販売もまだ始まっていないことから、中止という判断も可能性はありそうですね。

スポンサーリンク

その2:2023年で滝沢歌舞伎は終了

2023年の公演で最後になるのではないかと言われています。

発表してしまっていることや、規模を『スーパー滝沢歌舞伎』と大きくしていることもあり、今回は開催されるのではないかという予想があります。

しかし、滝沢秀明さんがいなくなってしまった以上、ここで終了してしまう可能性はありそうです。

スポンサーリンク

その3:井ノ原歌舞伎に変更される

名称が、『井ノ原歌舞伎』に変更されるのではないかと予想する人もいました。

社長が、滝沢秀明さんから、井ノ原快彦さんに交代したことで、名称も変わると予想されています。

ファンからもこれに対しては、賛否両論ありそうです。

「井ノ原社長として、新しい歌舞伎を作ってほしい」と前向きな意見もありました。

その一方で、「ここまでタッキーが作り上げた滝沢歌舞伎を残してほしい」という声もありました。

滝沢歌舞伎は、2023年の公演で、通算1000回を超える長寿の舞台ですから、ブランドイメージもありますよね。

名称変更という可能性は低いと思われます。

スポンサーリンク

その4:名前を変更して続く

『滝沢歌舞伎』という名前から、違う名称になるのではないかと言われています。

滝沢歌舞伎さんがいなくなってしまったので、『滝沢歌舞伎』という名称を続けていく可能性は低いのではないかと言われています。

『ジャニーズ歌舞伎』など、今後も続くとなると当たり障りのない名称になることも考えられそうです。

スポンサーリンク

その5:滝沢秀明が外部プロデューサーとして関わる

滝沢秀明さんが、外部プロデューサーとして関わってほしいという声がありました。

『滝沢歌舞伎』を存続させるためには、滝沢秀明さん本人が、プロデュース活動をしてほしいという声です。

ファンとしては、ここまではやってもらいたいと思っているようですね。

しかし、退社してまでとは考えにくいので、可能性はほとんどないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

その6:独立して滝沢歌舞伎を引き継ぐ

退社した滝沢秀明さんが、独立して『滝沢歌舞伎』を続けていくということも言われています。

滝沢秀明さんの今後についてはなにもわかっていません。

一時休養するのではないかと言われています。

そのため、2023年から始まる『滝沢歌舞伎』を引き継ぐというのは、現実的に難しい話になりそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました